ヘルプTOP ルールブック BBR BBRの評価基準

ルールブック

BBRの評価基準

BBR評価の要素は4つ

BBRには、次の4つの評価要素があります。
発表されるBBRはそれぞれの評価要素の合計点です。

出場ポイント

出場の仕方などによって決まるポイントです。
スターターとして試合に出場した選手は、当然控え選手よりもポイントが高くなります。

投手の場合は、「先発」、「中継ぎ」、「抑え」に分けて、基準を設けていますので、抑え投手が1回しか投げないからと言って、出場ポイントが著しく低くなることはありません。

成績ポイント

「●打数●安打」などの公式記録は、成績ポイントとして算出され、BBRの一部となります。
チームの勝ちには貢献できなかったとしても、公式記録でよい成績を残した選手については、この成績ポイントの面で評価されます。

印象ポイント

勝負どころでの活躍や、1試合中の大きな記録を出した場合などに加点されます。
スポーツ新聞の記事になるような逆転ホームランや、1試合マルチ・ホームランなど、ファンを楽しませてくれるいわゆる「派手な活躍」を評価したポイントです。
また、勝利チームの選手には、勝利ボーナスも与えられます。

貢献ポイント

勝利への貢献度、得点への関与を評価したポイントです。
印象ポイントとの違いは、地味ながらも下記のような「勝利・得点への貢献」を評価する点にあります。

  • 「3点差を2点差に詰める打点の前に出塁した場合」
  • 「自分はアウトになっても、進塁打でチャンスを広げた場合」

監督の場合

監督の評価は選手とは異なります。
選手起用の成功・不成功、得点差や残塁数、得点効率などから総合的に采配を評価されます。